Topics

  • 金融機関との信頼関係維持はタイムリーな 情報提供がカギ!

    金融機関に融資申込みや業績の報告を行うときには、月次試算表などの根拠資料を一緒に提供しましょう。それらの資料により、金融機関は業況変化や業績見通しを確認できるため、融資手続きなどがスムーズになるでしょう。コロナ禍などさまざまな理由で、企業と...

    続きを読む
  • 電子取引データの保存の実務② -自社の電子取引を把握する-(...

    たとえば、電子メールに添付された請求書等をはじめ、ネット通販サイトからダウンロードした領収書等、クレジットカードの利用明細データ、交通系ICカードの支払データ、ペーパレス機能のあるファクス複合機での取引情報の受信などは、電子取引に関する情報...

    続きを読む
  • 電子取引データの保存の実務① -宥恕措置の間に何をする?-(...

    取引先との間で取引情報を電子でやり取りする「電子取引」は、電子メールでの見積もりや発注、インターネットによる請求書や領収書の受け渡しなどが該当します。このような電子取引に関する情報(電子取引データ)について、令和4年1月1日から、電子帳簿保...

    続きを読む
  • 会計:ますます重要となる適時・正確な記帳

    会計帳簿の本質的な役割は、「経営者への自己報告機能」と「証拠力の確保」です。自己報告機能とは、財産や借入の現況、売上や利益、資金繰りといった経営成績がわかることです。経営者の正しい経営判断のためにも、日々の記帳によって、常に最新の状況を把握...

    続きを読む
  • 中小企業の賃上げ税制はこうなる!

    企業の積極的な賃上げを促すため、中小企業の賃上げ税制が強化され、賃上げの要件が、雇用者全体の給与総額の増加割合に応じて、次のようになります。①前年度比で1.5%以上の増加:給与増加額の15%を税額控除(従前のまま)②前年度比で2.5%以上の...

    続きを読む